PCMのプロセッサ―を使ってました

PCM録音、という時期がありましたね。

VTRへ、アナログ音源をA/D変換し変調し記録するプロセッサーで。

45回転LPなどで高音質を各社追い始めたころに、その音源をそうした録音方法をとっていたっけ。

家庭用も後になって売り出されました。

で、私はそうしたPCMのプロセッサ―(A/D-D/A変換器)を子ども達の演奏の記録にと、入手して使用していました。子供たちが小ホールで演奏した音質そのままとはいきませんが。

CDが売り出されてレンタルされはじめたとき、借りてきてはCDプレーヤからのアナログ信号をPCM録音。一瞬のアナログ経由は我慢。

デジタルでさえあれば、音質劣化はない。だからこれで充分。などと思っていたのでした。

でも・・・やっぱりCDプレーヤのクラス差が、音質差になるのが、その時点でいやというほど分かりました。

複製コピーや記憶、送受信でデジタルが変わらないのは、データとしての記録情報であって、デジタル時代でも耳にとどくまでの音質に差は出るのだ、と。

なら、PCでのCDコピーは?なんて思います。